イタリアンの繁盛店
Tavola da Rio オーナーシェフ  上野亮平氏

RIO 013 Tavola da Rio
オーナーシェフ  上野亮平氏
取材店舗 Tavola da Rio
店舗所在地 東京都新宿区新宿3丁目8−74F
店舗電話番号 03-5357-7974
営業時間 火〜金 18時〜26時(LO) 土日祝 17時〜22時(LO)
URL https://www.facebook.com/tavola.da.rio
大きな地図を見る

今回のお店は、今年1月にオープンしたばかりの新しいお店です。できたばかりだからこそ、オープンまでのよりリアルな話をお伺いしていきます!

今回は、このRioさんのお店を、お客様である菊池さんにご紹介頂きました。

基礎情報

会社名        Tavola da Rio

従業員数       2名  ← 美人奥様と!!

企業自己資金    950万

借り入れ       600万

設備投資      800万

 

 

 

 

4階までの道のりも、飽きさせない演出がされていました。

 

52段の階段を上りきると。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはイタリア!?って思ってしまうほど、細かい所までこだわりぬいた内装が素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、よろしくおねがいします。

よろしくおねがいします。

 

Rioでは、イタリアの家庭料理「マンマ」を出してると聞いたんですが、マンマとはどのようなお料理なんですか?

 

9年前、料理の修業がしたくてイタリアに行ったんです。

1ヶ月くらいイタリア全土を回って、評価の高いお店を見て回ったんだけど、どこもなんかしっくりこなくて。。。

日本に帰ろうと思った3日前、せっかくだから、ワインの産地を見ていこうと思って、モンテプルチャーノに向かったんです。

行ったら、ちっちゃな無人駅があって、あとはワインのブドウ畑がひたすらに広がってて。

一本しかない道を、ずーっと歩いてたんだけど、真夏の暑い日で、このままじゃ死んでしまうと思ってヒッチハイクをしたんだよね。

その時たまたま拾ってくれたのが、ワイナリーの社長さんで、修行をしたくて来た事を伝えたら、自分のワインを愛し、それを見に来てくれた日本人がいるって事で、すっごい喜んでくれて。

行くとこないんだったら、うちで働いてけって、その日から働かせてもらったんです。

そこは、ご飯を食べるとき、必ず家族で大きなテーブルを囲み食事をするんだけど、そこで毎日食べさせてもらってたお料理が、イタリアの家庭料理マンマ。

ほんとにおいしくて、この雰囲気と味は日本人では勝てないって思ってね。

そこで料理も付きっ切りで教えてもらって。。。

日本で飲食店をやるっていう漠然とした夢はあったんだけど、やるなら、このマンマをやりたいって。

 

すごいバックストーリーですね。

最初の質問が、なぜ企業しようと思ったか…って質問だったんですが、すでにマンマ料理のとこで8割くらい聞いちゃったきがするんですが(笑)

 

いやいや、さっきのは企業したい理由の4割くらいだよ。

6割の理由は、ふざけた飲食店が多すぎたってところ。

ある経営者の下で働いてた時に、自分の理想とする経営者像を思い浮かべたら、「いつまでもこの人の下で働いてちゃだめだ」って思ったんだよね。

奥さんも10年選手だし、僕もこの世界20年になるから、やれば、時間はかかってもいいお店が作れる自信があったんだよ。

 

じゃあ、奥様の存在もおっきいですね。

 

いやぁもう、最高のセコンドですよ!!←ここは絶対に載せてくださいね!!笑

 

修行中に大変だった事はありますか?

 

イタリアでは、唯一言ったら言葉の壁かな?

でも半年もしたら、意思疎通が取れるようになったし…イタリアではあんまり辛いと思った事はないです。

歯が痛くなった時くらいかな?笑

 

日本でも、辛いとは思わなかったけど、ホテルで働いてた時に、休みが無いとか、長時間労働とかはあるよね。

でも、今思えば、そういう経験をしててよかったって思うよ。

今こうして新宿の繁華街にお店が出せたのも、あのときの経験があるからだし。。。だから今は逆にあの環境に感謝してる。

 

亜希子さん(奥様)と二人でお店をされていますが、雰囲気作りで大切にしてることってありますか?

 

嫁だから、もう大体の事は意思疎通できてるよね。

お客様に感じてもらいたい所としては、飲食店として、おいしいとお客様に思ってもらうのは当たり前。

それプラス、この前言ってもらえて嬉しかったのが、「懐かしい味がした」っていうのだね。

イタリアのお袋の味を再現しているうえで、家庭料理ってのが伝わったってのが、一番嬉しいです。

 

お店を創る上で、キッチン内でこだわった所ってどこですか?

 

横の動きだけにしたかったから、銅線を重要視したね。

あと、いづれは二人くらいで回せるキッチンにしたいから、ある程度広めに作ってもらったかな。

 

最初に、夢の部分に触れて下さったんですが、これから先の具体的な夢ってありますか?

 

子供をつくることです!!笑←即答

あとね、僕は、全員が全員独立する必要はないと思ってるんです。

働いて、不自由なく家族にご飯食べさせてあげれて、子供が大学行きたいって言ったら、行かせてあげるくらいのお金がもらえて、年に1回くらい家族旅行ったりして。。。そこで働いてて幸せを感じてるのであれば、僕は独立する必要なんてないと思ってるんです。

ただ、僕の周りには、独立した先輩が多いんです。

そういう人を見てるとカッコイイんですよ。

だから、このお店で誰か雇った時に、僕の姿を見て、「独立って楽しそうだな」って思ってもらえたらなって。

夢を語るのって簡単じゃないですか?

プロ野球選手になりたい!って言うのは簡単だけど、なるまでの過程がすごい大変な訳で。

だから、夢ばっかり語ってる人はあまり好きじゃないんです。

それに向かって何してるか?って聞かれたときに、僕の店の場合、僕の姿がきっかけになって、独立したいって思ってもらえたらなってね。

それが、夢です。

 

ありがとうございます。

★つまみ食いレポート★

モンテプルチアーノ風 手打ちタリアテッレのボロネーゼ

マンマ直伝!!Rioの看板商品です。

 歯ごたえのある、麺と、肉の旨みがやばすぎます!!

私ならこれでご飯いけちゃいます!

Rioに来たら食べなきゃ損です!



コメントしたい方は下記にご記入して「コメントする」ボタンを押して下さい。(承認制)