焼き鳥の繁盛店
鶏のごんぞ オーナー店長   木村 謙吾氏

IMG_6196 鶏のごんぞ
オーナー店長   木村 謙吾氏
取材店舗 鶏のごんぞ
店舗所在地 東京徒 足立区江北 4−1―1
店舗電話番号 03−5809−4203
営業時間 17時〜1時
URL
大きな地図を見る

今回のお店は、足立区、江北駅から徒歩10秒の所にある「鶏のごんぞ」さんです。

努めていたお店が立ち退きになるタイミングで、急遽独立に動き出した謙吾さん。

アメリカの有名なジャーナリスト、「GONZO」の響きや、ならず者な生き方に憧れ、店名を「ごんぞ」に。

スタッフを愛し、愛されるオーナーさんです。

今回は、一緒に飲み語りながらインタビューさせて頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎情報

店名     鶏のごんぞ

従業員数   社員2名 アルバイト6名

自己資金   200万円

借り入れ   800万円

設備投資   500万円

 

 

 

 

よろしくお願いします!

ではまず、なぜ起業しようと思ったか、教えてください。

 

勤めてる時から、「いつかは独立!」って気持ちがあったんです。

牛角の店長をずっとしてまして、そしたら丁度1年前に立ち退きの話がでたんです。

自分にとっては、このタイミングがベストなきっかけなんだなって思いまして、起業目指して動き出しました。

 

焼き鳥を選んだ理由はあるんですか?

 

初めは特にはなかったんです。笑

でも自分はずば抜けて調理技術があった訳ではなかったんですよ。

 

牛角の店長を経験させて頂いてたんで、土間土間とか、温野菜とかのお店の立ち上げに入ることもあるんですが、そうゆう所は、お店ができる1、2ヶ月前に、研修があったり、オペレーションを叩き込んだり、それでもうオープンって感じになるんです。

 

でも僕は、その創り上げていく部分を、自分でやってみたかったんです。

今からの自分でも出来るもの、お客様に支持されるもの、を考えて、いろんな業態を回ってたら、たまたま浦和にある焼き鳥屋さんが、自分にはすごく合ってって、しっくりきたんです。

そこのオーナーさんもすごく相談に乗ってくれて、それで焼き鳥をやって行こう!って決めたんです。

 

じゃあ運命的な出会いだったんですね!

修行に行ったのもそのお店ですか?

 

そうです。

去年の2月で牛角が終わりだったんですけど、そこから、ごんぞがオープンする7月の間に1ヶ月みっちり、お店のオペレーションを全部教えてもらって、メニューもいろいろ相談乗ってもらって、オープンすることができました。

 

 

スタッフはどうやって集めたんですか?

 

最初の立ち上げのスタッフの子たちは、牛角の子たちを連れて来れたんです。

近くに移転とかだったら、そこに行く子も多かったと思うんですけど、立ち退きだったので、私の独立についてきてくれる事になって...

だから、今うちで頑張ってくれてる社員の子も、元は牛角のアルバイトだったんです。

ずっと一緒に働いてきた仲間と、こうやってお店ができてるだけで、有り難いです。

 

一回お店が無くなるのを、経験しているので、やっぱり閉店とかそうゆうのに、敏感だったりするんです。

だからこそ、今は自分たちの店だ!っていう特別な想いはあります。

 

アルバイトだった子が、ついてきたいって思って、社員にまでなってくれたのが嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

起業する上で、一番大変だった事ってありますか?

 

やっぱり、融資を得るのが大変でした。

「これで本当にできるのか?」って事を、かなり突っ込まれました!笑

 

ただ、足立区って、そういう総業融資に協力的にな所で、足立区に住んで◯年とかの人だと、区の融資が出やすいってのがあるんです。

それを以前教えてもらってたので、そういう部分んでは他の区よりはスムーズだったかもしれないです。

 

厨房機器でこだわった所とかはありますか?

 

もともと、狭い空間なので、なるべく導線や、動きやすいって所を重視しました。

修行に行った焼き鳥屋さんの紹介してくれた、星崎さんが、こうゆう空間には、こういうのを置いた方がいい!って、沢山アドバイス下さったんで、助かりました。

 

焼き台は、風が下からおくれるようになってるんです。

スイッチ入れると、中から空気を送り込めるようになってて、火が弱い時には付ければすぐに炭の調整をする事ができます。だから僕たちでも難しすぎず、炭を扱う事ができるんです。普通の焼き台だったら、使いこなすのに、大分時間がかかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では最後に。謙吾さんの夢を聞かせてください。

 

やっぱり、自分たちと一緒に働きたいっていう仲間を増やしていきたいです。

 

せっかくアルバイトから社員になってくれた子もいるので、そういう子と一緒に成長していけるようにしたいです。

一緒に働きたいって言ってくれる仲間が増えることで、店舗も増やしていけたらなって、今は目標にしてますね。

 

自分目線じゃなくて、いつもスタッフ目線な考え方が素敵です!!

今日はありがとうございました!!

 

 

♥つまみ食いレポート ♥

 

えっび海老マヨ

トマトとあぼかどのサラダ

焼き鳥以外のメニューも充実しています!

いずれもリーズナブルで、インタビューの日も沢山の家族連れの方がいらっしゃいました。

 

 

 

♥読者特典♥ 乾杯!一杯目プレゼント

 

 



コメントしたい方は下記にご記入して「コメントする」ボタンを押して下さい。(承認制)